トルティーノ・ディ・アリーチをつくる


新鮮なアリーチ(片口鰯)が

手に入ったので


トルティーノ・ディ・アリーチを

作ろうかなーと

結構たっぷりとアッチューゲを

手に入れたのですが


こういう小ぶりな魚あるあるで

掃除をするのが結構、結構大変な割に



可食部となる

残りはちょこっと



でも美味しいので準備する価値は

あり


ただ、レッスンとかだと

結構時間ばかりが

掛かってしまうので



なかなか

レッスンではやらないんです系の

一皿



予め焼いておいた

パプリカと煮詰めたトマトと

香草パン粉とイワシを層にして


結構、この敷き詰めていく作業も

地味に手間が掛かりますが

全ては出来上がりのために



いく層にも重ねたのち

オーブンに入れて焼いていくと






こんな感じに出来上がり。

パン粉の色合いを残すか

しっかり、若干焼きすぎなくらい

焼くべきかが、毎度迷うところ


今回は春の訪れを意識して

緑色を残してみました



夏に作る場合だったら

もうちょっと、しっかり目に焼いた方が

美味しいかなぁと








0回の閲覧

080-5499-8564

東京都武蔵野市吉祥寺北町1-25-11 FlatN B号

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram

©2006 il cucchiaio studio di cucina italiana