フィレンツェの郊外へ



スマホがあるお陰で

見ず知らずの地にも気軽に行けてしまうし 情報もすぐその場で得られたり という事でこの日は

若干調子に乗って急遽

フィレンツェの郊外にある


リチャードジノリの工場に隣接されている ジノリのミュージアムに

行ってみようかと思いつき

行きは電車で順調に

工場のある場所には辿り着いたのですが 現地には何処にも


ミュージアムの情報が無く 。。。。。 最終的には訊ねるのが一番 と工場の入口の守衛さんに訊ねてみると 3年前からミュージアムは

国の管理下に置かれてしまっているので

閉鎖中でジノリの社員も

この先あのミュージアムは

どうなるのかはわからない。とのこと そう言えば2013年に

倒産したリチャードジノリ。


その後、グッチが買収していたんですね その辺りの詳しい話はよく知りませんが。。。。 ミュージアムはいきなり

明日また再開するかもしれないし 3年後かもしれないし

5年後かもしれないから


また、機会があったら寄ってみて。 と気軽に言われたのですが


まぁ、なかなか気軽には。。。。

そんな訳で

ネットではそんな話書いてなかったー


と言うわけで

Bottegucciaと言う

工場の横にあるお店をちょっと覗いて



さぁフィレンツェに戻りましょう

と思ったら

電車が1時間無く


うーん

それならばバスで と!


バールでチケットを買いつつ 行き方をきいてみると


多分、1本で行ける筈だけど

ドライバーに訊ねてみた方がいいよと すぐに来たバスの運転手さんに

訊ねると


大丈夫 大丈夫。乗って乗って。


と言われるがままに乗るも


終点で降りて電車に.....と

行きがフィレンツェから

電車で2駅だっただけに 隣駅にバスで向かってるの?!と思いつつ 実際は駅ではなく

街中が終点でそこから

トラムに乗るパターンだったのですが


トラムに乗り変える際にも

電車と思い込んでいたのもあり


近くにいた学生にきいたら

親切に教えてくれたのと 携帯のGPS機能で

自分のいる場所がなんとか


わかったので良かったのですが むかしだったら


そんな確信も持てずに

絶対にもっと、ドキドキしていた筈ー と思いつつ


1時間後の電車より一応

20分早く駅には戻ってこられたのと


ちょっと懐かしいバッソ要塞の近くの辺りを

車窓から眺められたのでよかったーと

080-5499-8564

東京都武蔵野市吉祥寺北町1-25-11 FlatN B号

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram

©2006 il cucchiaio studio di cucina italiana